「勧誘時の注意点」の版間の差分

提供: 闇金被害対策
移動: 案内検索
(勧誘時の注意点)
(勧誘時の注意点)
 
行26: 行26:
  
 
受付時間:(平日)9:30~21:00 ※メール相談は24時間受付中
 
受付時間:(平日)9:30~21:00 ※メール相談は24時間受付中
 
 
 
[[http://adb.udukz.com/yk1/ 高い交渉力と解決実績を持つ法務事務所。ヤミ金解決はジャパンネット!]]
 
 
[[http://adb.udukz.com/yk1/ ジャパンネット法務事務所]]
 
相談無料ダイアル:'''<big><span style="color:red">0120-131-765</span></big>'''
 
 
受付時間:(平日)9:00~21:00 ※メール相談は24時間受付中
 

2017年7月13日 (木) 18:04時点における最新版

勧誘時の注意点

借金をする時、申し込み前にチェックしていますか?

大手の消費者金融や銀行から融資を受けるのであれば安心ですが、多重債務を抱えていたり、ブラックリスト入りしている、または主婦やアルバイトで年収が少ない場合は、大手や銀行以外の消費者金融を考えることになります。

消費者金融などの勧誘方法は、CMやホームページ、ダイレクトメール、FAX、電話、スポーツ紙の広告など色々あります。

まず、広告の勧誘文句や電話での説明は信じてはいけません。 年利は最高でも20%と普通の消費者金融と同じだからと思ってある貸金業者に申し込みをしたら、新規だからとか、ブラックリスト入りしているからなどの理由をつけて高い利子を要求されたという話も聞きます。

勧誘文句に「ブラック可」、「主婦でも貸します」、「審査は簡単」と謳ってあるものは闇金の可能性が高いです。 融資額についても、「2,000万の融資が可能」など大きな額を出している業者は避けたほうがいいと思います。

闇金は貸金業の登録をせずに営業を行いますが、登録番号は大手企業の番号を無断使用したり、廃業した貸金業者の登録番号を名乗ったりと詐称しています。 登録番号があるから安心とは思わないことです。

ヤミ金についての悩み、相談はまず、無料相談を利用してみて下さい。



▼詳しくはこちら▼

[ヤミ金問題は一人で悩むより、法律の専門家の力を借りましょう。]

[司法書士エストリーガルオフィス] 相談無料ダイアル:0120-566-276

受付時間:(平日)9:30~21:00 ※メール相談は24時間受付中